ブルーマジックの使い方や座り方をチェック!

「ブルーマジックはクッションなのでそのまま座ればいいから使い方に難しいところはないんじゃないの?」という風に思っている方も多いかもしれません。

 

確かに電池で動いたり、何か準備をするということはないのですが、ブルーマジックにもちゃんと正しい使い方というのがあります。

 

正しい使い方をした方がより快適に座ることができますから、しっかりと確認しておきましょう。

 

まず確認することとしてはクッションの上下と前後を理解すること。

 

ブルーマジックは湾曲している面と平らな面があるのですが、湾曲面が上、平面が下というようになります。また、クッションの薄い方が前、厚い方が後ろというようになります。

 

この上下と前後を間違えてしまうと座り心地が悪くなるので、もし実際にブルーマジックに座ってみて違和感を感じたのなら上下や前後が合っているかどうかを確かめるようにしましょう。

 

また、ブルーマジックは置き方にも正しい使い方があります。

 

椅子に置く際は、クッションの後ろが椅子の背もたれ部分にくるようにして置きます。こうすると安定感が増してズレることがないので意識がお尻に行くことがなくなりますよ。

 

座るときは椅子の真ん中に重心をかけるように座ると腰や背中に負担をかけることなく座ることができますから、こういったところも意識しておくといいでしょう。

使用上の注意点は取扱説明書で確認できる!

ブルーマジックをより快適に使うためには正しい使い方をすることが大事になります。

 

そして、使用する上で注意しなければいけないことをも最低限理解しておくことが必要になりますよ。

 

例えば、ブルーマジックは熱に弱いという弱点があります。

 

特に注意しなければならないこととしては直射日光に当たらないようにするということ。

 

直射日光が当たる場所に放置していると硬化してしまうこともあるので、硬いクッションになってしまうこともあり得ます。ですから、窓際でブルーマジックを使用している場合、使わないときは置きっぱなしにしないように注意してくださいね。

 

もちろん、直射日光だけでなく、室温が高い場合でも長時間放っておくのはよくないですし、ヒーター機能の付いたシートの上で使うという場合も硬化してしまう可能性がありますから、車で使用する際や床暖房の上で使っているときなどは注意してください。

 

もしブルーマジックが熱くなってしまったら熱が冷めるまで動かしたり座ったりするのをやめましょう。

 

熱がなくなれば多少は元に戻りますから、万が一の時は使わないということも大事になりますよ。

 

 

ブルーマジックの使用上の注意点に関しては商品購入時についてくる取扱説明書にもイラスト付きで説明されています。

 

 

日本語の取扱説明書がついているのは正規代理販売店のみとなっていますから、並行輸入品や類似品を間違って買わないように注意してくださいね。

 

詳しくはこのサイトのトップページでまとめてありますので、そちらを参考にしてください。

 

GゼロクッションVSブルーマジック!2大腰痛対策クッションを比較!

TOPへ